2007年07月20日

サーフボードのケースってどんなときに使うの?

サーフボードのケースってどんなときに使うかご存じですか?車に積むときは、そのまま積むし、家での保管はビニールかけてるぐらいかなぁ?という方も多いのではないでしょうか?実際サーフボードのケースを使うシーンは少ないです。でもいつかは海外でサーフィンしてみたいと思っている人は、お世話になることが多くなります。またサーフボードを大切にしている人も日常の持ち運びにサーフボードのケースを利用している人が多いですよね。私は家に帰ってきたらさっと潮を吹いてそのまま納屋にしまっておくだけなので日常の移動には使いませんが。

海外でサーフィンを楽しむ人が年々増えてきています。多くの方がハワイやオーストラリアに出掛けて自分のサーフボードでライディングを楽しんでいます。私も過去にはじめてハワイのノースシュアで大きな波に乗れた時は感動で波だがでてしまいました。サーフィンやり始めたときからの夢でしたから(笑)でも海外でサーフィンをするためには自分のサーフボードを海外に運ばなければいけません。もちろん現地でサーフボードを借りることもできますが、サーファーとしては自分の板で海外の波にのる、ことにこだわりを持つ人も多いはずですね。

そんな時に役に立つのがサーフボードケースです。特に海外へのサーフボードの移送に利用する場合は緩衝機能に優れているモノを選びましょう。航空会社の荷物の扱いの荒さは有名なのでここでいうまでもありませんが、できるだけ分厚いウレタンが入り、摩擦に強い生地を用いたものがお薦めのサーフボードケースです。愛情込めて磨いた自分のサーフボードですから、ケースにもこだわりを持って選びたいですよね。
posted by surfing at 20:21| サーフボードのケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。